南泳会アネックストップページ

          

        第17回津田チャンピオン杯兼公認記録会
            <平成28年4月16日(土)17日(日)>


平成28年4月16日(土)17日(日)第17回津田チャンピオンカップ兼公認記録会が開催
されました。85生の松尾さんにレポートをお願いしました。
以下は松尾さんのメッセージです。

南泳会の皆様で熊本在住の方、あるいは親戚やご友人で地震被害にあわれた方はいらっ
しゃいますでしょうか?
私も九州には親戚が多いのですが、幸い熊本在住ではないため一安心ですが、熊本の
方の被害ができる限り拡大せず、穏やかな日常生活に戻ることができるよう祈念
いたします。

        ※    ※    ※    ※    ※

そんな状況には関わりなく、4月16日・4月17日の両日、「第17回津田チャンピオンズ
カップ兼公認記録会」が行われ無事終了しましたのでご報告申し上げます。

今回のレースのエントリーにあたり、競技役員×2名の派遣が必須条件ということで、皆様
にもいろいろとご相談させていただきましたが、現役の連中が工夫をして、なんとか
主催者にも迷惑をかけることなくレースに臨むことができました。

アクアサイドや津田杯の話は何度か現役から話を聞いていて、「三重交通Gスポーツの
杜鈴鹿水泳場」は楽しみにしていたのですが、白子駅から地域コミュニティーバスに乗り
およそ30分。バスを降りたら、プールどころか体育館やグランドや照明施設など、
スポーツ施設のようなものは何も見えず、一面田んぼばかりで遠くに山が見えるだけ。
慌ててバス亭の表示を見直したが「三重交通Gスポーツの杜鈴鹿ぐち」で間違いない。
泣きそうになりながら、勘で30分くらい歩くとやっと、ドームのような体育館らしき
ものが見えたときは、ホッと一安心しました。

ドームのように見えたのはプールの建物の屋根で、スポーツGのプールは非常に斬新な
デザインの建物で、私が知っているプールの中では一番カッコイイなと思いました。
広い敷地を存分に生かした贅沢な設計で、建物の片面はガラス張りになっており、隣接
する芝生の中にプールがあるような錯覚に陥る、明るく開放的な屋外プールに近い
雰囲気で気持ちよく泳げるプールです。

本来50m×8コースのプールを、横向きにコースロープをはり、25m×16コースの短水路
プールに変更し、なおかつそれを真中に区切りを入れて、25m×8コースのプール×2面で、
A面B面それぞれスターターや
審判員を用意して、二つの大会が隣同士で同時に行なわれているようなイメージの進行
で、当然、通常のレースの2倍の人員が必要であり、競技役員派遣の必要性もよく理解
できました。
インカレ・インターハイ・全国中学・JOCなどでよい結果をだしている選手は
「招待選手」として招かれているため、レベルの高い選手がたくさん集まり、103チーム
2306名、のべエントリー種目合計6806種目のレースが滞りなく進行されるのは圧巻です。

泳ぎやすいプールでレベルの高い選手が集まる中、南山の選手もベスト連発で素晴らしい
結果を出す事ができ、期待の1年生も2人参加し凄いタイムをだしてくれました。
6月の上南戦も期待できそうです・・・

 ✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽

津田杯について、思わぬ反響いただきましたので、少し補足情報を追加させて
いただきます。

今回の津田杯に参加したのは、4年生×1名、3年生×9名、2年生×6名、1年生×2名、
です。エントリーは本人の希望で行ない、2日間のレースのうち1日だけ泳ぐ奴、旅館に
宿泊し2日両方泳ぐ奴、マチマチです。
齊藤と山本は幹部の気合でしょうか、4種目にエントリーし熱い泳ぎを見せてくれました。
今年ドラフト1位指名でアイシンAWに入団した竹下も、チョッと大人の雰囲気で貫録の
泳ぎでした。
1年生は、紀太直哉と水野誠豪の2名がエントリーし、いきなり歴代記録です。
専門以外にリレーにもエントリーし、既にチームの中心選手のような活躍でした。
紀太直哉はロングの選手で、彼のおかげで、これまで一人ぼっちで練習していた山本は
明らかにこれまでより気合が入っています。
ジャニーズ系のイケメンで、寡黙ですが、黙々と一事を貫く努力家のようです。
水野誠豪はIMの選手で4種目バランスよくこなすマルチスイマーで、Frも速いです。
明るく世話好きのお母さんに育てられた礼儀正しい好青年で、萩野公介をチョッと
やんちゃにしたようなカワイイ笑顔が印象的です。
齊藤の後輩のBrの選手を含め、5~6名の1年生はレースにはエントリーせず、学校で
幹部がつくったメニューで自主練習を行なっていたようです。

****************************************************************************

【レース記録】
 ☆:個人ベストタイム
 (要注意)ベスト・歴代記録はプールサイド記録との比較で、最新情報ではありません。
       あくまで参考とお考え下さい。

<女子200Fr>
 前島優季  29位   2′23″57☆
<男子200Fr>
 林凌太郎  22位   1′52″86   (べストタイ)(歴代1位タイ)
 水野誠豪  29位   1′54″42   (歴代2位)
 山本雄大  49位   1′57″89☆  (歴代3位)
 前川翔治  71位   2′10″87☆
 永井智也  74位   2′14″20
 早川剛生  75位   2′21″55☆
<男子200Ba>
 谷澤翔太郎 16位   2′13″85☆  (歴代3位)
<男子200Br>
 齊藤理貢  15位   2′15″68☆  (歴代1位)
<男子50Ba>
 竹下翔太   3位 25″03☆  (歴代1位更新)
 佐藤直輝  21位     28″92☆  (歴代3位)
<男子50Br>
 齊藤理貢  15位     29″33☆  (歴代1位)
 大角隼大  27位     31″29
<女子50Bu>
 西側詩織  14位     28″61☆  (歴代1位更新)
<男子50Bu>
 岡本祐汰  38位     34″65☆
<男子400IM>
 水野誠豪  11位   4′27″57   (歴代1位)
<男子1500Fr>
 紀太直哉  11位   15′51″20   (歴代1位)
 山本雄大  13位   15′57″41☆  (歴代2位)
<男子400Fr>
 紀太直哉  13位  4′00″11   (歴代1位)
 山本雄大  24位    4′12″52
<女子50Fr>
 西側詩織  22位     28″02
 前島優季  36位    30″10☆
 野原桐子  38位    30″69☆
<男子50Fr>
 齊藤理貢  38位     24″78☆  (歴代6位)
 前川翔治  69位    27″51☆
 永井智也  72位    27″87☆
 城川渉   76位    29″72☆
<男子200IM>
 水野誠豪  15位   2′05″61   (歴代2位)
 紀太直哉  23位   2′07″52   (歴代3位)
<女子100Bu>
 西側詩織  14位   1′02″89
<女子100Ba>
 林由紀乃  20位   1′19″87
<男子100Ba>
 竹下翔太   3位 54″78
 佐藤直輝  28位   1′01″27☆  (歴代3位)
 谷澤翔太郎 31位   1′04″06
<男子100Br>
 齊藤理貢  24位   1′03″72☆  (歴代2位記録更新)
<女子100Fr>
 前島優季  28位   1′05″03☆
 野原桐子  30位   1′09″50☆
 林由紀乃  32位   1′13″52☆
<男子100Fr>
 林凌太郎  13位     51″29☆  (歴代1位記録更新)
 山本雄大  52位    54″90☆  (歴代8位)
 佐藤直輝  64位    57″43☆
 林晃太 69位 58″54
 前川翔治  72位    59″16☆
 永井智也  77位   1′00″62☆
 早川剛生  80位   1′02″02☆
<男子400FR>
 南山大学 4位 3′32″61   (歴代1位)
 (林、紀太、水野、山本)(51″55、1′44″98、2′38″13、3′32″61)
****************************************************************************


(1)建物南側一面がガラス張りになっていて、芝生に隣接。



(2)建物西側はプールとは思えないデザイン。



(3)観覧席はプール四方にあるわけでなく、北側一面のみ。
   観覧席からプールを見ると南側がガラス張りで隣接する芝生に
   繋がっているような錯覚に陥る。



(4)競技役員を派遣できないチームは参加不可のため、困っていたところ、
   6人が役員を引き受けてくれることでエントリー可能に。



(5)谷澤は200Baで高2以来のベスト更新で歴代3位。
   中田も競技役員で頑張ってくれました。