南泳会アネックストップページ

          

                 南泳会イベント報告
       第3回復活クラブ旅行「伝説の上林温泉と国宝松本城・善光寺巡りツアー」
            <平成28年3月19日(土)・30日(日)>

参加者:77生佐藤浩、83生堀江正樹、85生小椋芳正、85生松尾昌広、86生荻野貴弘、86生太田祐一の
6名で、上林温泉に行ってきました。

3月19日(土)
     **********************<行程表>****************************
        名古屋(8:16)→(9:32)中津川(10:00)→(12:24)松本
        松本(14:04)→特急しなの→(14:56)長野
        長野(15:37)→長野電鉄特急→(16:25)湯田中
     ************************************************************

・07:45 名古屋駅集合
     昨年、一昨年のクラブ旅行は天候に恵まれたのですが、今年は残念ながらあいにくの雨。
     今回初参加の太田が雨男だったと気づくのが遅すぎました。
     6名で旅行に行く予定ですが、集合場所に集まっているのは、5名。
     慌てて6人目の携帯電話を呼び出すのですが、むなしくコールするだけ・・・
・08:09 電話もつながらないので、あきらめて5人で出発を決めようとしているところに、6人目が余裕の登場。
    「集合時間? 8:16発の電車に間に合えばいいんでしょ?」の一言に一同唖然。
     でも、こんな横着者を受け入れる懐の深さが南泳会の凄いところですよね?
・08:16 滑り込みセーフ。クラブ旅行お約束の「青春18きっぷ」で全員そろってなんとか予定の電車で出発。
     電車の中では、堀江先輩が持参した1984~1986の上林合宿の写真を見ながら、
     復習と今回の旅行のチェック項目の確認。
・10:00 ここで奇跡が。誰の力か、空には太陽が・・・。昨年に続き天気予報を覆す晴れ間がのぞきだします。
     乗換駅中津川で名物栗きんとんがおいしかったです。(佐藤さん、ごちそうさまでした。)
・12:30 城下町で十割そばとB級グルメで有名な山賊焼
    (信州産鶏の一枚肉をニンニクのきいたタレの味付けで揚げた料理)を食べた後、
     現存最古の五重六階天守を誇る国宝松本城を散策。
・14:04 松本からはクラブ旅行の掟を破り、特急を利用。
・16:25 湯田中に到着。29年前はスキー目的の大学生ばかりだった記憶ですが、暖冬で雪が全くなく、
     電車から降りる人の半分くらいが外国人という風景は、記憶の中の上林とは全く違うものでした。
     地獄谷の猿がインターネットを通じて世界中で有名になり、海外のお客さんが急激に増えたのだとか。

   ホテルの送迎バスで「上林ホテル 仙壽閣」へ。

・17:00 ホテルへ到着すると、10名位の和服の仲居さんが玄関の前でお出迎え。
     テレビでみた高級旅館のようで、29年前の上林ホテルの面影は全くありません。
・17:30 部屋に案内してもらったら早速、今回の旅行の最大目的であるプールで練習。
     しかし練習は300Mくらい泳いでアッサリと終了。
・18:00 練習終了後は露天風呂で休憩の後、食事へ。
     高級料亭の雰囲気の中、地ビールで乾杯し、メインは信州牛と酵母豚の仙石鍋。
     鍋をつつきながら、堀江先輩が思い出したように一言。
     「去年、基弘の肉をとったのが良くなかったのかな・・・」。
     一同、「食べ物の恨みは怖い」ということで納得。
     基弘、堀江先輩にはしっかりお説教しておいたから、来年は一緒に行こうな!
・19:00 昨年、一昨年のクラブ旅行では、食事の後はカラオケでしたが、今回は残念ながらカラオケがありません。
     でも新しいホテルには、29年前にはなかった「談話室」があり、キャッスルプラザのメンバーズサロンを
     思わせるような落ち着いた雰囲気で、お茶・コーヒー・紅茶が飲み放題。
     ここにつまみと缶ビールを持ち込み、来年のクラブ旅行と南泳会の今後について約4時間の討論会。
     昨年の小島や基弘のように酒につきあう人間がいなくて寂しそうでしたが、
     佐藤先輩も缶ビール×10本ほど飲んで御満悦。
・24:00 討論会の後、部屋に戻り、上林合宿お約束のカップヌードルを食べて消灯。

3月20日(日)
     **********************<行程表>****************************
        湯田中(10:13)→長野電鉄特急→(11:05)長野
        長野(15:00)→特急しなの→(18:05)名古屋
     ************************************************************

・07:00 起床して朝風呂へ。
・07:30 朝食も昨夜に負けない御馳走です。
・09:00 全く雪のない山道を歩いて地獄谷野猿公苑へ。
     さすがに温泉につかっている猿を見ることはできませんが、
     ちまきのお店は29年前とかわりなく座敷で食べることができました。
・11:00 予定変更で1時間ほど遅らせて、ホテルの送迎で湯田中駅へ。
・12:00 長野駅よりバスで善光寺へ。
     創建1400年の本堂お参りの後、お戒壇巡りで、真っ暗な回廊の中、御本尊の真下にある「極楽の錠前」
     にふれることができ、今回のメンバーは極楽往生を約束していただきました。
・16:00 昼食後、仲見世通りでおやきを食べながら土産を買って、長野駅へ。
     帰りは、長野から名古屋まで特急利用。
・19:00 名古屋駅到着と同時に夢のような時間が終了し、現実の世界に戻りました。

  いつもながら、綿密な計画と細やかな気配りをしてくれる荻野に感謝し、
  来年はもう少し人数を増やすことができたらいいなと思いつつ解散。